品川工場

IMG_3101事務所移転の為の内装工事に引き続き、今度は、駐輪場の改装工事が始まりました。品川工場は小さいので、皆キュウキュウで作業をしています。少しでも、広く、効率よく作業ができるように工夫しなければなりません。そこで、なんで駐輪場を改装?と思うのですが、この駐輪場を、別の空間にしてしまおうと言うのです。改装するとそこは在庫置き場などに変身するので、工場の中にあった普段使わない在庫などを移動することができます。品川工場は、その昔 ランプを作っている工場だったそうです。そこを会長たちが手作りで改装して縫製工場にしたので、ものすごく工夫しているところもあれば、使い勝手の悪いところもあります。外観は当時のままなので写真を見るとタイムスリップしたみたいです。自分たちで作れるものはできるだけ自分たちで作りましょうと言うスタンスなので、今週はほぼ毎日ガテン系の日々を送っています。現場のスタッフも、また、会長が何かやっているぞ!と、時々覗きに来たり、手伝ってくれます。

現場の方では、今日はお客様から依頼のあったデジタルプリントのカーテンの出荷がありました。まだ、未発表なので紹介できませんが、色も綺麗にプリントされていて、懸念されていた柄だしもうまくできていたので、お客様の反応が楽しみです。

u.

ブログ更新サボっていました。

先週末、立会川にある事務所を、品川工場に移転しました。今までも受注室は南品川の工場にありましたが、営業部や、上海カーテンの受注室は立会川にあって、現場スタッフとの打ち合わせの際は、工場と事務所を行ったり来たりと大変だったので、とても便利になりました。また 電話や、FAXは、転送されるのでお客様のお手を煩わせることが無いようにさせて頂いております。ショールームはそのまま残しているので、オリジナル生地などは立会川のショールームで、ゆっくりとご覧いただけます。

また、工場にかかってくる電話でしか対応できなかったお客様とも話ができるようになり、久しぶりに声が聞けてとても嬉しくなりました。

受注から、出荷まで何人ものスタッフの手を通って製品が出来上がるので、スタッフ同士のコミュニケーションがとても重要だと痛感しています。工場に全スタッフが揃うようになったので打ち合わせをまめにするようにしていきます。

今、工場の中も新体制にして、良くなかった部分を改善する取組みを初めています。お客様に喜んで頂けるようもっともっと、精進してまいります。今後共どうぞ宜しくお願い致します。

 

u.


Copyright © 2013. カーテン専門店 「CSS東京」 All Rights Reserved.