形状記憶カーテンの作り方といっても、ご家庭での作り方ではありません

工場でこのように加工されていますというご紹介です

まずは、Part1です。

型に納めて熱を加えていきます。

プラスチック成形とは違いますが、熱を加えることで柔らかくさせ、

冷えると形状が維持されているという物です

形状記憶と言っても、こんな簡単な原理からできています。

ワイシャツなどもこういう感じだと思います(最初に平らな状態を熱を加えて維持させておく)

形状記憶カーテンってこういう風に作られていくんです。

 


Copyright © 2013. カーテン専門店 「CSS東京」 All Rights Reserved.