形状記憶加工の所でも触れましたが、ハトメカーテンを作っているところを紹介します

自動機械でガチャンと自動的にできてくるところを想像されているかtも多いと思いますが、実は写真のように手で一つ一つ打っています

IMG_6042

穴を空けて、継ぎに金属のハトメをおいて写真のプレス機で止めるという手順ですね。

自動機械は設置面積も必要で、意外にもセッティングに時間がかかるので中小企業では導入していないところが多いと思います

オーダーカーテンは案件の一つ一つが違っていますので、一気に大量生産ということが難しいんです。

大手の縫製工場も見学してどこまで自動化できるのか、学んできますね

 

さてハトメカーテンがなぜ人気なのか?検索してみてもあまりよく分かりません

一説には戸建ての方で冬場のみ突っ張りポールで、暖気が2階に上ってしまわないように階段、廊下に突っ張りポールを使って設置するという意見もあります

形状記憶をかけてあるので、開閉しても綺麗なドレープを保っているから良いという声も聞かれます

本当のところはどうなんでしょうね???


Copyright © 2013. カーテン専門店 「CSS東京」 All Rights Reserved.